business

記事一覧

変化している

翻訳会社は以前と比較するとかなり大きな変化を見せるようになっています。その変化によって今後はどんどん翻訳会社が利用しやすくなっているので、利用前にはまず確認してみましょう。

Read More

ビジネスで利用

最近では国際化がどんどん進行したことによって、海外の書籍や資料を利用する企業も多くなりました。しかし外国語のままでは利用できないので、翻訳会社に依頼して翻訳してもらうことが良いのです。

Read More

海外取引する

国際化が進んでいる現在では、様々なな取り組みが行なわれるようになっています。英語を理解するまでには時間がかかるので、そのようなときにすぐ翻訳してくれる翻訳会社を利用してみましょう。

Read More

料金をチェックする

翻訳会社を利用した場合の費用目安を知っておく

海外に出版物を配信したり、契約書を交わす様な場合には、とかく言語の壁が生じる事になります。その様な場合には、翻訳会社を利用する事ができます。翻訳のプロとして、理路整然と作業に臨み、それぞれの書類を構成してもらう事ができます。 翻訳会社を利用する場合、費用なども気になりますが、大体の目安を知っておくと、翻訳会社を選定したりなどで役立ちます。 翻訳会社によって料金設定に違いがありますが、例えば文字数で総合料金を打ち出す場合もあります。この場合には、英訳で大体1ワードあたり35円位になります。A4の原稿用紙(400字詰め)で、7,000円位を基本に考えます。これを大体の目安として、医療分野であったりなどの専門性によっても違いをもたせた料金設定が多い様です。

宗教を交えて現在までの流れを読む

翻訳会社の作業については、現在ではインターネットを駆使して作業が実施されるなども一般的ですが、会社として盛んに機能する様になったという点から見ると、戦後に入ってからの事です。しかし、世界的な観点からすると、特定宗教で利用される聖書などを見逃す事はできません。世界の各地で翻訳された聖書が存在しており、翻訳されたのは紀元前数世紀頃の事とされています。この当時は勿論翻訳会社などは存在していませんでしたので、海外との交流があった知識階級が作業を請け負っていたと考えられます。 日本では、明治時代前後に海外との交流が盛んになっており、このあたりから翻訳作業も必要になりました。しかし、戦争を挟んでいますので、戦後になってから会社同士の交易などの場面で翻訳は必須事項となっていきます。経済成長が著しくなるにつれて、翻訳会社の数も増え、また経験を生かした翻訳作業に従事する翻訳者の数も増加していきました。現在では、パソコンなどのデジタルツールを利用した翻訳作業も行われる様になっています。

記事一覧

サービスを知る

翻訳会社のサービスは様々なものがありますが、なるべく安く利用できるものを選ぶ必要があります。そのためにはどんなポイントに注目すべきか紹介するので覚えておきましょう。

Read More